ペルーのワールドカップの参加資格剥奪の事について

ペルーのワールドカップの参加資格剥奪の事について書きたいと思います。

なぜ急にペルーの参加資格が剥奪になるのかがわかりにくいのですが、ペルーが参加できない場合は、ワールドカップの出場チームの国を総括的に考えて、バランスが調整されるのだと思います。2018年のワールドカップは、非常に「死の組」と当たる確率が極めて高いため、弱い国が代わりに出る可能性もあります。そうする事で大会のバランスを調節するのです。イタリアを出してきたとしても、今のイタリアは世代交代がなされていません。イタリアは2006年に優勝して栄光を手にしているものの、それ以降は下降線の一途を辿っています。確かにイタリアは過去の実績としては優勝の経験がありますが、現在停滞しているイタリアを見たいとは思いません。ワールドカップに出場するチームは、流行も考慮されているみたいなので、その時期に沿った適材適所の人材とチームを選ばなくてはならないと思います。