まだまだ続いているモリカケ問題、そもそも国会ではない。

以前として、国会でモリかけ問題をやっているのだがこれが国会で6か月以上やるような問題なのか…。

野党は十分時間を使ってやっているが結局問題の争点すら示せていない。家計学園のほうはともかく、森友学園のほうは現在逮捕された籠池氏の証言を正しいと信じて進めていた野党だったが、その籠池夫妻は7月末の逮捕以降、4カ月近く大阪拘置所に勾留されているそうだ。
しかしながら、毎日新聞の社説では「根拠不十分」 やはり証人喚問が必要だ」なんて記事にしているからあきれてものも言えない。
いつから、国会は立法府から裁判所の真似事をする所になったのかと思うほどで、新聞もテレビもそろそろいい加減にしたほうが良い。
問題の本質を追求したいんじゃなく、あくまでも政府批判行政批判の材料としているのなら他の多くの問題を取り上げられない方が国民にとっては痛手となる。
きちんとメディア本来の機能を果たしてくれないと、どこかの党の議員の新聞批判はやっぱり正しいとされてしまう。